2009年12月30日 Tweet It!

戦車がガザを砲撃

イスラエル戦車が北ガザの家屋を攻撃目標としている

報道によると、イスラエル軍の戦車が北ガザの家屋と農地を砲撃している。
多数のイスラエル戦車がBeit Hannon近郊の土地を攻撃し、ガザ=イスラエル北側国境の近くのパレスチナ人農民に対して火曜日の昼に銃撃を開始した。

また、ブルドーザが住民の作物を破壊している。
これは国際中東メディアセンター(IMEMC)の情報による。

元記事

カナダのユダヤ人支配に関する記事で、カナダのシオニストユダヤ人は「現在が第二次大戦後、最もユダヤ人差別が強まっているときだ」と分析しているようです。
それを粉砕するために「殺せ!殺せ!殺せ!」でしょうか?
いや、その差別をさらなる差別にさせるために、また攻撃を始めるのでしょう。
差別をやめさせるためには、パレスチナ人も人間であることを認め、殺すことを止めるのが第一だと思うのですが、絶対そうはしない。
一般ユダヤ人も大変だと思います。


posted by 狭依彦 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック