2004年12月23日 Tweet It!

堕天使、監視者、アンチキリストの違い

オリオンに興味があったので、ちょっと訳がおかしいと思いますが掲載しました。この文献を精読し、アイクとかシッチンなどの説も参照すれば、日本では新しい一派が立てられるかも知れません。

本文
http://www.reptilianagenda.com/bib/b122104a.shtml

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。

ここは最初の部分の訳

 バイブルは、最後の日、人間のDNAはエイリアンと呼ばれてもいる堕天使によって、混血状態となり破壊されてゆくだろうと言っている。
 政府は、ハリウッドの映画、コミック、SFなどのメディアを使って、エイリアンの存在を発表できる環境作りをしてきているが、彼らは真実を全部語っているのではない。
 エイリアンは創造主の直接の子孫ではない。彼らは、創造主の主権に逆らって反乱を企てたため、天国から追放された堕天使である。堕天使たちは、創造主の権威を再び奪い去る機会があると信じている。堕天使たちは知っている。創造主は、「創造主のもの」を集め、地球に創造主の統治を確立するために、地球を一旦徹底的に破壊(アルマゲドンの戦い)することを。
 神は今後エイリアンは地球上で自分の姿を現わすだろう、と知らせてくれた。

ここからは抄訳

 遠い昔、大天使の反乱と、監視者の反乱が別々に起こった。
 大天使は天使の1/3を率いて神の権威を奪おうとするが、失敗。位階を剥奪され悪魔(サタン)となった。地球ではルシファーとして知られる。
 監視者はランクとしては守護天使で、地球の女性と一緒に暮らすために反乱を起した。監視者たちは地球に降りて、人間の女性と関係を持ち、混血の巨人族を生み出した。しかし、それらは、大洪水によって滅ぼされたが、生き残りもあった。監視者たちはアヌンナキとして知られている。
 監視者たちの動きは「エノク書」でよく分る。

ここはこのサイトの翻訳とエノク書の訳を見比べてください。この後、本文では、説明が続きますが、かなり精読しないと、ルシファーとアヌンナキの関係が分らない。また、アヌンナキが種族を表すのにもエイリアン全体を表すのにも使われているので分りにくい。

 アンチキリストはサタンの種から生れる。創世記3:15、6:4、ヨハネの黙示録13、参照。たぶん、ヘビ(sepernt)の系統のイルミナティの血流のクローン・混血(ハイブリッド)であろう。

 アヌンナキ(エイリアン)には2つのグループがある。エンキとエンリである。(セガリア・シッチン参照。シッチンでは神個人として扱われている
 
エンキグループ (ドラコニアン 厳格な執政官)
サタンの配下となって地球を支配し、新世界秩序をもたらそうとしている。
(1)Zeta星団から来たグレイ 細身の体に大きな頭を持つ。オリオンから来た背の高いグレイも含む。
(2)地球に住んでいるレプティリアン ワンワールドを作ろうとしている中心。
(3)ドラコレプティリアン オリオンから来た。変身している(シェープ・シフター)。かっては美しい姿をしていたが赤い竜である。ルシファー自身である(翻訳ちょっと不明)。Nordics (多分北欧人の意味)に変身して、一部にまぎれこんでいる。
(4)アヌンナキ ルシファーの反乱に加わった天使達。

エンリグループ 
Nordicsの敵。ドラコニアンとその支配者サタンを嫌悪している。
(1)Nordics (多分北欧人の意味) Lyraから来た。Shasta山の地下にも住んでいる。人間姿。背が高いブロンド。
(2)Sirians シリウスBから来た。人間姿。
(3)Pleiedians オリオンのベルト地帯から来た。人間姿。
(4)アルファ・センタリアンズ 人間姿。
(5)Venusians 人間姿。

バイブルによると、ルシファーは第一、第二天界を支配しており、多くの人が信じているように地獄に住んでいたわけではない。また、すべてのエイリアン種族を支配していたわけではない。彼は、オリオンから支配しており、有翼のドラコニアンである。彼は全知全能ではない。すべての領地を支配するには手下を必要である。


posted by 狭依彦 at 11:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | イルミナティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狭依彦様:

はじめまして、今日は。つい最近このサイトを見つけました。この記事に関してのコメントではないのですが、太田さん以外でD. ICKEのサイト内の記事を日本語訳されているなんて、すばらしいですね。なかなか大変な作業だと思いますが、海外の大勢の人達が既に知っている事柄を、より多くの日本人に知ってもらうのにとても貢献度が高いサイトですね。頑張って下さい。

ところで、私以前手違いで彼のTALES FROM THE TIME LOOPを2冊購入してしまいました。多分、狭さんはお持ちだと思いますが、そうでなければ1冊お譲りしますが。このコメントを読んだ方で、どなたでも結構です。送料をご負担いただければ無料で結構です。
Posted by H-Grail at 2004年12月24日 10:08
 ありがとうございます。
 このサイトは、あくまでも英語の勉強のためにやっていますから、必要以上の時間はかけられないので「無保証です」だけは御了承ください。
 例えば、この記事では、エンキ、エンリグループと地球に降臨するだろう創造主の関係が抜け落ちています。本文にはエンキとエンリのグループは手を携えているようにあるような気がするのですが……
 どなたか、英文で読まれた方は、コメントしてくれるとありがたいな。

 それと、本はどなたか他の人に権利をお譲りします。ありがとうございます。
Posted by 狭依彦 at 2004年12月24日 14:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オリオン
Excerpt: 王仁三郎のキーワードの一つであるオリオン。宇宙人説で見つけました。まあ、見つけたというだけですが。 (1)堕天使 ルシファー オリオンから支配 (2)背が高いグレー オリオンから来た (3)ドラコレ..
Weblog: 王仁三郎?日記
Tracked: 2004-12-23 11:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。