2010年01月10日 Tweet It!

ガムのような落下物

アイクのニュースレターより

1gum.jpg

休暇の時期に、ヒーラーでもあり健康科学の研究者でもあるマイク・ランバートは空から落ちてきているものは何であるか知っていると言って、それを私に見せてくれた。
また、私の友達ニール・ヘイグは芸術家だが、彼は町を横切っているその飛行機の飛行コースを歩いてみた。そのコースは実際に私や彼の家を通っていた。

マイクが飛行コースを知っていたのは、舗装道路や路地に一見するとチューインガムのようなものが何千も落ちていたからだ。
しかし、それは、私たちが歩いたところすべてにあったので、その量から言って、チューインガムでないことは明らかだった。

マイクの話では、彼がこの「ガム」を初めて見たのは20年前で、その時、彼は健康調査員の仕事をしていた。それがライド全土に散らばっているのを見たとき彼はますます興味をいだいた。

彼の考えでは、この「ガム」は、地域の人々を狙ったウイルスや毒のキャリア(運搬具)で、それはイギリスのウィルトシャー州のソールスベリー近郊のポートン・ダウンにある生物兵器研究所あたりが作ったものではないかということだった。この場所には防衛省の機関である防衛科学技術研究所がある。

・・・マイクはこの「ガム」のサンプルを研究所に送って分析してもらった。しかし、マイクはそれが何であるかを確定するには、もっと技術のある研究所に送らなければならないと言われた。
私たちはその分析結果を待ったが、英国を襲っている異常気象のために結果が返ってくるのが遅れた。
それでも、最初の研究所の女性科学者は、それはゴムの素材の一種のように見え、彼女の見解では、農薬のような物質もしくは類似物質が入っていた可能性があるという。

2gum.jpg

このような物、日本の道路にもありませんか?


posted by 狭依彦 at 16:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | アイク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくりしました。
昨日ソレを見つけて(以前も見たことはありましたが)、今日確認してきました。鳥のフンくらいに思っていましたが、確かに飛行機の飛行コースに沿って舗道や木の幹などにありました。
まさにソレです!
Posted by 神戸市住民 at 2010年01月11日 14:25
ケムとの関連は書いてありませんでしたが、神戸も飛行機すごそうですからね。以前、行った時にしっかり飛行機飛んでましたから。

「のだめ」の映画見たのですけれど、クローズのシーンパリもケムすごいですね。夕焼け雲が何本もケムでした。
Posted by 狭依彦 at 2010年01月11日 22:11
そういえば、「ボーン・アイデンティティー」のパリかヨーロッパあたりのワンシーンにも、空にケムが映っていた映像があったような・・・?
約8年前のパラマウント映画でしたが、よくカットしなかったなと思ったものでした・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年01月12日 08:23
昔から見ますね、コレ。
我が家の近所では最近昼間は控えめで、夜にケム蒔いてます。沢山の人が気づきつつあるから闇に紛れているんだろうと思います。
Posted by kanchama at 2010年01月13日 22:57
今は寒いので空を見るのがおっくうですが、夜、ケム機だと思うのは、2機かなり接近していたり、飛行コースがクロスするようになっていたりしているので、民間機ではあろうはずがありません。
Posted by 狭依彦 at 2010年01月13日 23:02
夜、接近飛行している音が聞こえますよね。
あれから60年、時代は「ソフト空襲」へ。って、、。
Posted by kanchama at 2010年01月18日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック