2010年01月12日 Tweet It!

全身スキャナーの機能

TSAのウソがばれた:全身スキャナーは画像を保存し伝送している。秘密文書が暴露。

TSAは米国民に全身スキャナーについてウソを言っている。
TSAはこれらの「デジタル・ストリップ・サーチ」マシンは写した画像を保存や伝送する機能はないと言っていた。そうだから、国民がデジタル的にストリップ・サーチされても問題ないと説明されていた。

しかし、電子的プライバシー情報センターの秘密文書によって明らかになったところでは、これらの機械は正確にはそのような機能を持っているという。
TSAの非公開文書では、TSAが購入した全身スキャナーには、飛行機の乗客をスキャンしたデータを保存し伝送する機能両方が不可欠であるとしている。

元記事

値段が高いので日本では導入されないのかな?


posted by 狭依彦 at 21:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのデーターベースをプロファイリングして
適合者を誘拐、臓器摘出ですね。

失踪の理由は後付で。
Posted by FAITH at 2010年01月13日 09:26
なんかいやですね、ほんと、家畜のカタログみたいで。
まあ、内臓の形は写っていないようですが、そんな画像見て、「これがいいんじゃない」などとやられた日には……
Posted by 狭依彦 at 2010年01月13日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。