2010年01月17日 Tweet It!

ゲイツ財団=モンサント

ビル・ゲイツ財団とモンサント社は手に手を取り合って活動している

ビル・ゲイツ財団=モンサント社というのは現在では以前よりももっと強くなっている。
この定義を変えたほうがいいかも知れない。
ビル・ゲイツ財団=「世界の人々に食糧を供給する」アプローチとして、バイオテクノロジー推進、利益追求、擁護できない、恐ろしい、権力的な方法に賛成している。(別名 企業のポケットの裏地)
そして、彼らはモンサント社と強い関係がある。その中には新しいものもある。
彼らはRajiv Shahの古い仕事をSam Drydenにさせている。Drydenの履歴書は、吐き気を催すようなものだ。

元記事

WIKI(英語)

Sam Drydenは初期段階テクノロジーを世界的に商品化しスケールアップすることに高い専門的知識を持ったライフサイエンスベンチャーの投資家であり開発者である。

これも難しい英語、難しい記事です。

Sam Drydenという名前は覚えておいたほうがいいかも。
経済学を勉強して、ライフサイエンスの投資家・企業家。ビル・ゲイツ、モンサントと関係あり。世界銀行と関係している会社のCEO……


posted by 狭依彦 at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにをするつもりでしょう。
ビル・ゲイツといえば、何年か前、日本のサン・リオを買い取りたいと言って、
断られたそうですが、
買って、どうするつもりだったんでしょう。
Posted by 五次元 at 2010年01月17日 13:18
子供の操作の一環として使うつもりだったのでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2010年01月17日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。