2010年01月22日 Tweet It!

デジタルテレビとRFIDの関係

元IBM社員がテレビがアナログからデジタルに切り替えられたのはマイクロチップのトラッキングの周波数を空けるためだと暴露

31歳の元IBMの社員が、「アナログテレビからデジタルテレビへの強制的切り替えは、主に、アナログ周波数を空けて、スキャナが埋め込まれたRFIDマイクロチップを読み取るために使う周波数に余裕を持たせるためだ」と言っている。世界中で、人々を追跡したり、製品をトレースしたりするのだ。

だから、特にテキサスや他の混み合っている境界州では、高価なパスポート、「強化された運転免許証」、チップが入ったまたは追跡可能な本人確認装置などを持つように勧められているが、それらを急いで手に入れるようにアドバイスしているニュースが最近ではいっぱいある。しかし、このデジタルテレビとRFIDの関係は伝えられることはない。
これは、Patrick Redmondの話である。

元記事

同じような記事を紹介した記憶があります。


posted by 狭依彦 at 22:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ということは、これからどんどん、
マイクロチップを人体に、埋め込む計画があるということですね。
私は、献血も危ないと思っています。
Posted by 五次元 at 2010年01月22日 23:22
欧米では、赤ちゃんの血とか軽犯罪で有罪にならなかった人の血とかの記録をとっているそうですが……
献血で「それ」が行われたら、「彼ら」にとっては便利でしょう。
しかし、献血となると、関わる人が多くなって、チップを埋め込んでいるという話がパブリックになる可能性がありますね。
「それ」が行われていることが一般の担当者には分からないような器具が必要ですね。
Posted by 狭依彦 at 2010年01月23日 09:03
2002年にすでに米粒より小さな粉末状のICチップ、ミューチップが日立製作所によって開発されていたようです。
http://www.sage-p.com/news2002/0909-01.htm

英司法省が一部の囚人の皮膚に埋め込み保釈することを検討していたという2008年のテクノバーン日本語版記事は現在は読めなくなっているんですね。

日本国内ではペットにはすでにマイクロチップを埋め込むことが自治体によって勧められ、徘徊癖のあるお年寄りにも万一のために家族に勧めているという話があったと思います。
http://www.sage-p.com/news2002/0909-01.htm


Posted by 牧場管理を連想 at 2010年01月29日 12:06
すごいちっちゃいですね・・・!
はじめて見ました!!

確か アイクは注射器かなんか(?)で注入できるようなことを言っていた記憶がありますが、その指先にあった大きさの画像がもしほんとうなら、そんなような方法もありかもしれませんね・・・。


>徘徊癖のあるお年寄りにも万一のために家族に勧めているという話があったと思います

いちおう、「勧めている段階」ではあるのでしょうかね。でもその大きさでは、いつのまにか入れられてもわからないかな・・・。


Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年01月29日 12:37
日立のはこのサイトにも翻訳してあったと思いますが、写真はあったかな。昔ので思い出せませんね。
日立のチップであるのと、小さかったので、まだ記憶に残っています。
Posted by 狭依彦 at 2010年01月29日 22:13
なんか、ターミネーターのアーニーだったと思うけど、奥歯かどっかに入った追跡チップをナイフかなんかで血みどろになって取り出してたのとか、すごくレトロな時代遅れに感じられますね。

それと、注射器で注入できるものなら、狙いさえちゃんと定めれれば、切開して血みどろにならなくても、注射器で吸い取れちゃうんじゃないでしょうか・・・。
Posted by macco sneezingsparrow at 2010年02月04日 19:17
ここ2,3日の間に、歯にチップを埋め込むことを提案している歯科医の記事がありましたね。紹介はスルーしました。
Posted by 狭依彦 at 2010年02月04日 21:43
>奥歯かどっかに入った追跡チップをナイフかなんかで血みどろになって取り出してたのとか、すごくレトロな時代遅れに感じられますね

それ、元モンティ・パイソンのテリー・ギアム監督の「12モンキーズ」にも似てますね。
確かブルース・ウィルス演じるジェームズが、その並はずれた記憶力を持っていることを見込まれて強制的に過去にタイムトラベルする危険な調査に選ばれて遂行する際、監視盗聴用の奥歯を仕込まれていて、それを抜けば自由になることをある人物から教えてもらい、再度タイムトラベルした時に自分で強引にナイフで奥歯を抜いていたシーンがありました・・・。

あの作品、全人類の99%が殺されてしまったというウィルス(ブルースではなく、病原菌の方です)によって地下生活を余儀なくされていたジェームズがタイムトラベルした時、まだそのウィルスに汚染されていない過去で「なんていい空気だ!」みたいな感じで空気をいっぱいに吸ったり、もはや聞くことができなくなったラジオから流れる歌に感動したりするシーンも印象的でした。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年02月05日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。