2010年03月06日 Tweet It!

肖像画にヘビ

エリザベス1世の肖像画にミステリアスなヘビ

このヘビは絵のオリジナルバージョンでこのチューダ朝の君主の指に握られているように描かれている。
しかし、このヘビは絵の完成寸前に塗りつぶされ、より装飾的な薔薇に変えられている。

年月を経て絵が劣化したため、このヘビがまた姿を現した。今では表面に輪郭線が見えるようになっている。

また、この絵は別の女性を描いた上に描かれている。

このヘビのオリジナルの想像復元図がこれだ。
絵は元記事にあり。女王の画像がありますから、nextをクリックすると想像図が出ます

元記事(画像はこちら)

エリザベス1世(WIKI日本語)

このヘビ、リアルで画像も紹介したいところです。復元想像図だからリアルなのでしょう。
アイクのサイトは画像を出していますが、これは、著作権に違反しそうですから、とりあえず、元記事で見てください。


posted by 狭依彦 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | レプティリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。