2010年03月24日 Tweet It!

BISの正体

下記のリストはFirst Sphere of Influence(ロスチャイルドとブレジンスキーのカルテル)が世界を支配している165の違った方法を示している。
私が言っていることが100パーセント正確で真実だと信じるに足りる165の理由だ。

おのおのの項目は独立した明白な中央銀行で、世界の別々で離れた場所に位置している。
これらの中央銀行は地球を覆っており、明らかに境界線はなく、効果的に、対立している敵の間さえ境界線を消している。

BIS(発音はビズ)はロスチャイルドの汚い銀行であり、真の深く掘られた坑道であり、千兆ドルに相当する。

国際決済銀行(BIS) WIKI日本語

元記事

元記事の終わりの方にリストがあります。Japan bankもありますね。
「ニホンギンコウがそんなはずはない。バカ!」と、私のジョーシキ=常識は叫ぼうとしますが、一万田さんとか、それっぽい人はありますね。



posted by 狭依彦 at 22:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FRBは大恐慌を起こし、議員達を買収してまんまと米国の通貨の発行権を手に入れました。

でも日本は大丈夫!とか思ってる人は甘いと言わざるえません。

表面上のデコレーションされた真実しか信じよう、或いは信じていたい人間には99%の人間がお金で買収可能だという残酷な真実に向き合いたくないのでしょう。

何故ならその99%には恐らく自分自身ですら入ってしまうからです。

貴方は目の前に100万ドル(1億円)単位のお金を提示されて、協力して欲しいと言われたらどうであろうか?
おまけにマスコミや警察も買収されてて絶対に表にでないような状況だとしたら?

人間は弱い生き物です、それに一般の贈収賄事件で明らかな様に億単位でなくても、買収出来る人達はゴマンといるのです。

何故に日銀はバブル期から崩壊期掛けて敢えて昔のFRBのように逆行するような姿勢を取ったのか?
現在も何故、日本を弱体化させる方向にしか関心を示さないのか?

真実はいつも残酷だ。
それは認め難くもある。
だが、だからこそ真実なのだ。
Posted by ぽんた at 2010年03月25日 12:19
ここから本が出たみたいでレプティリアンが注目を浴びそうです。

http://www.youtube.com/user/koko777able#p/u/5/JqrlD0kI8us

レプティリアンが知られることによってアイク氏も注目浴びそうな気がします
Posted by ぷっちん大統領補佐官 at 2010年03月25日 19:17
このリンク行けませんね。
youtube検閲されているのでしょうかね?

今日のニュースで見ましたが、検閲されてブロックされていると、IE自体が、このサイトは見れないみたいなエラーを出すようですね。
同じエラーは、たまに、アイクのサイトであります。
Posted by 狭依彦 at 2010年03月25日 21:25
今はいちおう見れるみたいですね・・・。

本を読んでみないとわかりませんが、その動画や他の情報を少なからず見る限りでは、アイクというよりはシッチン(の守護霊の霊言?)のことをとりあげているような感じもします。
いったいどんな理由でレプなどをとりあげたのかはわかりませんが、
「新たにこれから侵略しに来る」というよりは、「すでに乗っ取ってる(?)、さらに支配したがっている」ような伝え方をしているようには感じます。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年03月26日 11:50
この方でしたか。
私は王仁三郎の関係なので、この人の本は読みませんね。
『王仁三郎の霊言』でしたっけ。そんなのはないと思うからです。
Posted by 狭依彦 at 2010年03月26日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック