2010年04月18日 Tweet It!

チップを使わないタグ

チップを使わないタグ もうチップを埋め込む必要がありません。

Somark社が開発したプロセスは極小の針を幾何学的に配列したものとインクの入ったカプセルで動物に「タトウ」をするというものだ。
インクは1.2メートル離れた場所から検出可能である。
チップを使わないRFIDインクを開発している新興企業が牛やラットでその製品のテストを行った。

Somark Innovations社は今週、動物の体毛を通しても読むことのできる生体適合性のあるRFIDインクの試験に成功した。
パッシブRFID技術は牛海綿状脳症(BSE)の恐怖によって資産が失われることを避けるため牛を個別認識管理し追跡するために使うことができる。

Somark社は2005年に設立され、セントルイスのEmerging Technologiesセンターに位置している。
同社はシリーズA株式で資金を募っており、その技術を流通市場にライセンスすることを計画している。実験動物、犬、猫、肉のカットされた塊、そして軍隊の兵士などがタグされるターゲットである。

元記事

会社のサイトも見ましたが、冗談ではなく、通常の技術ニュースのように見えます。

ラットにはシッポに印刷するようなことが書いてあります。

さて、これは、バーコードを刺青するようなものです。
昔、どこかで囚人が刺青されていましたね。それのハイテク版でしょうか?


posted by 狭依彦 at 06:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍隊の兵士って・・・・!
やはり人間にも使う予定ですか?!
兵士の次は・・・・一般市民でしょうか?
Posted by くららん at 2010年04月18日 20:59
原文では、そんな用途に「売り込もう」としているということだと思います。
使われるかどうかは?
と言っても、一部の人たちは人間に「印」をつけるの好きですからね。
Posted by 狭依彦 at 2010年04月18日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。