2010年04月21日 Tweet It!

ゴールドマンをどうする

ゴールドマン・サックスとメガ・バンク:法を遵守するには大きすぎる

しかし、米政府が今朝戦場を見渡し、アドバンテージを得るにはどのようにしたのが最良かと考えたとき、一つの大きな事実が出てきた。
われわれの法制度でゴールドマン・サックスや他の銀行を追求すれば、先行き不安を増大させてしまい、政治家による政治的な銀行の取り付けを引き起こしかねず、集団代表訴訟がどんどん出されるだろう。

そして、Jamie Dimon(ハッキリした、大きな繋がりのあるJP Morgan Chaseの長)がすでに終末にガイトナー財務長官に語っているように、もしこのようなやり方で巨大銀行を「悪魔」に祭り上げれば、その行為は経済の回復を阻害し、世界中の財政の安定性を弱体化させかねない。

元記事

「銀行はこんなものだ。しかし、支配されるしか他に方法はない」と人々に知らしめるための、「ヤラセ」訴追なのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、本当に追求したら彼らの思惑どうり”資本主義崩壊”出来ると思います。
しないのは、まだ準備が出来ていないからなのか?
それとも計算された何かがこの先にあるのか?
どうにも読めませんです。
Posted by くららん at 2010年04月21日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。