2010年04月28日 Tweet It!

火山灰で航空会社支援

航空会社は存在していなかった灰の雲で、税金から20億ポンドもらう

ヨーロッパを6日間のノー・フライ・ゾーンとした火山灰の混乱の後、航空会社は税金から支出される20億ポンドの保証金のたなぼたを貰うことになるかもしれない。
航空会社は飛行禁止が数百ポンドの損失を出したときびしく文句を言っているが、EUはそれを各国が援助することを許すことに同意した。
航空会社は緊急ローンを提供され、負債の支払いを延期してもらえることになる。

元記事

イギリスでは、飛行禁止の最後の方では、灰は上空にはなく、大気はクリアだったという話もあります。
経済活動を混乱させるために、火山灰を利用した、などと書いてある記事もありました。


posted by 狭依彦 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。