2010年04月28日 Tweet It!

世界最大の地主

エリザベス女王は地球上で最大の地主だ

イギリスとその他31の国と領土の首長であるエリザベス女王は、66億エーカーの土地の法律上の持ち主である。これは地球の海以外の地表の6分の1に相当する。

女王は地球上でいくつかの国々全体と自国の領土ではない国々を所有している地球上で唯一の人物である。
を所有していて、
この土地の持ち主という機能は、国の首長としての役割とは切り離されていて、ノルウェイ、ベルギー、デンマークなどの君主国とは違う。それらの国ではそのような主張はされていない。
彼女の持っている土地の価値は、概算17,600,000,000,000ポンドである。

元記事

円換算すると 17,600,000,000,000にゼロが2つ追加されます。いくらや?想像できません。


posted by 狭依彦 at 23:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤッパリ、イギリス王室は相続税とか掛からないのかね(笑)
Posted by ぽんた at 2010年04月29日 14:34
エリザベス女王の土地の話はアイクの本にも出ていたような気がしますが、こんなんだったかは忘れてしまいました。
エリザベス女王だけじゃなく、例えば、ゴールドマン・サックスの巨額のボーナスなど、税金どうなっているのでしょうか?
まあ、ちゃんと払っているとは思いますが……
Posted by 狭依彦 at 2010年04月29日 20:41
世襲財産については税金を払ってないと思いましたが
私有財産についてはちゃんと税金を払ってますよ
たしか・・・
Posted by 準男爵 at 2012年09月26日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。