2006年03月16日 Tweet It!

Zundelの裁判

ドイツ人Ernst Zundelの人権はアメリカとカナダ当局によって大きく侵害されたようだ。Zundelは2003年の2月5日に逮捕されたが、ドイツの当局が彼の逮捕の法的根拠を求めていたことを示唆する文書を2003文書を見たことがある。Zundelはアメリカからカナダに国外退去処分となり、カナダで国家機密に脅威を与えたとの罪状で2年間独房に監禁された。靴も、靴下も履くことを許されない状態で、灯りも無い冷たい独房の二年間であった。暖かい食事も、その期間中ずっと与えられなかった。

元記事

アイク
私が思うに、これは、大いなる人権侵害ではないのだろうか?

Zundelは、ナチスのホロコーストを否定している人です。


posted by 狭依彦 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック