2010年05月11日 Tweet It!

ネアンデルタール

我々の中のネアンデルタール

ネアンデルタール人が絶滅してから3万年がたつ。しかし、彼らの一部分がアフリカ発祥ではない祖先として、すべての人のDNAの中で生きている。

ネアンデルタール人の遺伝子コードによって、ホモ・サピエンスはアフリカの外に移ってすぐに、進化での非常に近い身内であるネアンデルタール人と交配したことが明らかとなった。その痕跡は今でも人間のDNAで見つけることができる。

ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の遺伝子を比較した結果、現代の非アフリカ人のDNAの1パーセントから4パーセントがネアンデルタール人から来ていることが分かった。一方、現代のアフリカ人の遺伝子にはネアンデルタール由来のものは見つからない。
このことで、最初の人類がアフリカ大陸を後にした後に、たぶん中東で、出会ったネアンデルタール人と交配したに違いないことを示している。この子孫たちが他の大陸−ヨーロッパ、アジアまたパプア・ニューギニアに広がっていった。

ネアンデルタールから分かれてから急速な進歩をとげたことを示すシグナルが既に人類のゲノムの中で200も見つかっている。その中には、脳の発達に関連する遺伝子もいくつか含まれている。

元記事

アイクが言うように(そして狭依彦も強くそれを信じています)、コーカサスや現在のイランの地などで「人間が作られた」なら、この急速な進歩も説明がつきますね。
アフリカでは、オリジナルアフリカ人が遺伝子操作されたのでしょうね。


posted by 狭依彦 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。