2010年05月16日 Tweet It!

GoogleのWIFIデータ収集

GoogleがStreet Viewの車でWi-Fiのデータを集めていたことを認める

GoogleはStreet Viewの車でWi-Fiのネットワークで送られるデータを集めていたことを認めた

試験研究部の上級副社長のAlan Eustaceのブログによると、Googleがネットワーク名などのワーヤレスの情報を数種類日常的に収集している間に、オープンWi-Fiポイントからペイロード・データ(データの本体)もまた記録していたという。これは、過去4年間くらい続いたようだ。
「どうしてこんなことが起こったって?実に単純、ミステークさ」と副社長は言う。

元記事

ネットワーク名は合法的に収集しているようです。
ネットワーク名を収集して、マップに、アクセス者のネットワークのある場所を表示できるか?
勉強が面倒なので、今日は、パスします。


posted by 狭依彦 at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4年も続けておいてミステイクで済んでしまうんですね。
賠償は?
Posted by ななし at 2010年05月16日 19:53
データとられた人が訴えないと賠償とかはなしでしょうね。で、どのデータを記録しているという発表などはしないわけで。
今後は再発防止のため第三者委員会とか作って監督してもらうようです。
Posted by 狭依彦 at 2010年05月16日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。