2010年05月23日 Tweet It!

米イラン近辺軍備増強

米国、イラン近辺で軍備増強、同地域へ新たに空母グループを4隊派遣へ

経済の制御不可能な悪化では政権にとって不足とばかり、今度は、オバマ大統領が非常に不安定な経済と財政状況に地政学的なリスクを加えようとしている。
Debkafileを調べると、大統領の決意は「短期間で地中海とペルシア湾地域で米軍の軍備増強を行い、6000人の海兵隊や海軍勢力、海空の戦闘能力を強化しようとしている。」
オバマ大統領はノーベル賞平和受賞者であるが、イランの近くに空母が1隻ではもう平和が守られないという明白なメッセージを伝える決心をして、同地域に4倍から5倍の米空軍を駐在させる模様だ。

元記事

そう言えば、北朝鮮の魚雷の話はまだヘッドラインでは出ていないようですね。


posted by 狭依彦 at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。