2010年05月25日 Tweet It!

キー穴ミステリー・サークル

キー穴と矢(ピラミッドのと目)のミステリー・サークルがデコードされた

image002.jpg

ミステリー・サークルには錬金術と象徴という本質があることから、たぶん8月6日にに"sh*t is going to hit the fan"と言わざるを得ない。
その日付をもう少し噛み砕こう。
キー穴のミステリー・サークルはたぶんイシスとオシリスのエネルギー原理を融合させることを暗示しているのだろう。これは同じ畑にあるcircumpunctなミステリーサークルによっても確認される。

ヨード(神の手:占星学に出てくる)はオシリスのエネルギーの男性的側面から始まる。イシスの卵は円の側面に示されている。
この同じ場所にあるcircumpunctはシリウスAと我々の太陽が盛夏に合となることを表す古代の象徴である。

元記事

これは前方後円墳でしょう!


posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミステリーサークルというと、「奇跡体験!アンビリバボー」という番組でもやってた、2人のイギリス人がつくったという説もあるようですが、
http://ameblo.jp/yywassy3/entry-10076787133.html
この2人のつくり方をヒントに、世界中の人々がアートのように今やつくられているようなことも放送では言ってた記憶がありますが、ほんとに存在するすべてのミステリーサークルがそうなのでしょうかね・・・?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年05月26日 08:32
これもそうですが、元記事を見るとかなり複雑そうな図形ですね。
こんなのを趣味で作るとすると、大変な趣味ですね。
Posted by 狭依彦 at 2010年05月26日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。