2005年01月08日 Tweet It!

遠隔透視

 インドのCIAとも言えるRAWは、人工衛星技術と遠隔透視技術を改良して、国内での外国の諜報部員の活動を監視しているという。
 遠隔透視は、テレパシーで遠隔地のイメージを見るもので、アメリカのCIAは長年にわたってこの技術を利用している。ロシアやアメリカでは遠隔透視が諜報活動に非常に有用であったことが何度もあったらしい。
 例えば、アメリカではイラクで用いたWMD情報にもこの遠隔透視を用いたらしい。

http://www.indiadaily.com/editorial/12-13-04.asp


posted by 狭依彦 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神秘・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。