2010年06月25日 Tweet It!

日本早寝早起キャンペーン

日本政府が二酸化炭素の放出を抑えるために一時間早く寝るように言っている

日本政府が始めたキャンペーンでは、国民が家庭で二酸化炭素の放出を減らすために、大幅な早寝早起きを奨励している。
環境省が行っているモーニング・チャレンジ・キャンペーンは次のような仮定に基づいている。つまり、深夜の電気1時間を朝日の下の一時間と取り替えることで、日本の二酸化炭素放出量をかなりカットできるというものだ。

元記事

いやいや、恥ずかしいことに、日本のニュースには「うとい」ので、はじめて知りました。
ついでに、ベッドに長くいて、子作りにはげめと付け足したらどうでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック