2010年06月25日 Tweet It!

ビル・ゲーツとGM食糧

今、ビル・ゲーツがアフリカで遺伝子組み換えの種を勧めている

ビル&メリンダ財団は飢えたアフリカ人を食べさせる手段として、危険の伴うGM(遺伝子組み換え)の種への支援を続けている。彼らはもっと安全で信頼性のある技術がすでにあるのを無視しているのだ。

遺伝子組み換えに反対している人々をアフリカでの飢饉を長引かせていると公式に非難してから間もなく、ゲーツは自分の財団がDuPontの関連会社Pioneer Hi-Bredとパートナーシップを結び、遺伝子組み換えで多産になるとうもろこしを開発している。
一昨年、ゲーツ財団はまたモンサントと協同で旱魃に耐えられる遺伝子組み換えとうもろこしの開発を行っている。

元記事

ノルウェイの島の種子貯蔵庫との関係は?遺伝子組み換えのものを食べさせ人々を○○した後に、農地をクリーンアップして、貯蔵庫から本物の種を出して……


posted by 狭依彦 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。