2010年07月01日 Tweet It!

最後の晩餐のレプティリアン

ダビンチの最後の晩餐に隠れたレプティリアン

私がこのビデオを作ったのは、本当は何が「最後の晩餐」の絵の裏にある、特にテーブルの真ん中に座っているものについて隠されている真実を隠したり、誤解させたりしようとするニセビデオが沢山あり、それに対抗するためだ。
クレド・ムトーワさんはこれをチタウリと呼んでいる。

ビデオ(2分程度)

結構面白いビデオです。


posted by 狭依彦 at 22:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | レプティリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは少し酷すぎ。
動画では左右反転させた「最後の晩餐」を透過合成していたが、こういう方法を使えば他の絵画でも幾らでも、こういう錯覚的画像は出てくるだろう。

よく心理学のテストに出てくる、折りたたんだ白い紙にインクを垂らして、広げた後のシミから、何に見えますかと質問するのと何ら変わらない。
Posted by ポン太 at 2010年07月02日 08:41
確かに、左右反転させれば対称形となり、なんらかの形が浮かび上がるでしょうね。
訳して紹介している、作者のキャプションがあやしいのは間違いないですね。
Posted by 狭依彦 at 2010年07月03日 00:17
これはキリストがレプティリアンってこと??
Posted by みた at 2013年09月26日 08:32
はやし浩司さんによればダビンチがレプティリアンらしいです
http://www.youtube.com/watch?v=Cq0x2SB-WTg
Posted by 円 at 2014年05月16日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。