2010年07月11日 Tweet It!

コカコーラ

コカコーラのコマーシャル

ビデオ(英語) 最初の1分くらいです。

アスファルテーム(E951)は毎日数百万人が使っている。
現在ではこの甘味料は6000以上の製品に使われている。
アスファルテームは1981年にFDAの認可がおりている。
この認可についてはFDAの史上最も反対を受けたものだ。
というのは、アスファルテームは実験動物に脳腫瘍を引き起こしていたからだ。

気持ちの悪いビデオですね。私にとっては、茶色生き物が一番気持ち悪い!


posted by 狭依彦 at 20:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実際問題として、アスパルテームは脳より先に目に来る事が多いようです。
友達の知り合いにダイエット食品ばかり食べていて、原因不明の網膜はく離になった方がいらっしゃいました。

このことを聞いたとき、すぐにアスパルテームの仕業じゃないかと思いました(−−)!
Posted by くららん at 2010年07月11日 21:37
市販の清涼飲料水にはほとんど入っていますからね。
人口甘味料は割と高い製品ですが、企業向けには安く販売している可能性もあります。
Posted by 五次元 at 2010年07月12日 11:40
医学的な見地で言うと眼球は脳細胞がせり出して直接変化した部位なので、眼球=むき出しの脳細胞、とも言えますから。

私も一時期アステルパーム主体のノンカロリー飲料ばかり飲んでたら、逆に体調が悪くなりました。

食品添加物の基準はFDAよりも欧州の検査承認機関のほうが厳格なんですが、そちらはどうなんでしょうかね?
Posted by ポン太 at 2010年07月12日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック