2010年07月23日 Tweet It!

米封鎖で北朝鮮国民困る

大量破壊兵器制裁:米国が主体となった経済封鎖は北朝鮮の保健体制を破壊する

アムネスティ・インタナショナルが発表した報告書では、北朝鮮政府が「国民の健康への権利を尊重し、保護し、実現する義務」を遂行することができないと非難している。「政府の政策の失敗とかそれによって逆効果が生ずることで、北朝鮮国民が適切なケアをうける権利を享受することが著しく奪われている」と言う。

この報告文書では、診療所などの施設が頻繁に電気が止まったり、暖房が無い状態で診療をしていて、医療関係者は「しばしば給与が貰えず、薬や必需品が無い状態で多くの病院が稼動している」という。

大きな手術が麻酔無しで行われていることを詳述した恐ろしい話もいくつかある。
この件について非難されるべきは、ただ一つ、北朝鮮政府である。
公表されてはいないが、推測では、北朝鮮は失敗した国であり、その国が即座に終焉を迎えることが強烈に臨まれている(もしくはそれに向けて進められている)

元記事


posted by 狭依彦 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック