2010年08月04日 Tweet It!

お父さんをかえして

4歳の子供がイスラエル軍に月曜日に拘束された父を解放してくれるように頼んでいるビデオが世界中をかけめぐった


アイク
これは平和が欲しいだけの完全武装した「犠牲者」イスラエルの真の顔である。
ジェノサイドがパレスチナで行われている。そして、世界はただそれが起こるのを見ているだけだ。

ジェノサイド:「意図的で広範な絶滅、または、国民、民族、宗教、民族グループ全体の絶滅を試みること」
これはパレスチナの人々の苦境を正確に描いている。二度とそれを起こしてはなだない。
われわれは!


ビデオ

「You dog、おとうさんを返してよ。おとうさんが必要なんです。お父さんを返して」とKhalid Fadel Al-Ja’bariが叫ぶ。イスラエル国境警備隊が父のFadel36歳をHebronの東にあるAl-Baq'a村で拘束した。その村ではイスラエルの民生が非合法の灌漑ネットワークと言っているものを破壊しはじめている。
その時には、スポークスマンは軍隊が地面を掘り返しているのを否定した。

子供の祖父Badran JaberはMa'anに、自分の義理の息子が非合法のKiryat Arbaの居留地の近くで野菜畑をイスラエルのブルドーザが掘り返しているのに文句を言って拘束されていると言った。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。