2010年08月10日 Tweet It!

エリートを訴訟して刑務所行き

Jane Burgermeister女史が真実を語ったために刑務所に送られるのを止めよう

関連記事

964298-1281246979-main.jpg

豚インフルの疫病が起こったとき、恐ろしい騒ぎだった。
オーストリアの記者Jane Burgermeister女史は他の誰もがやることをやり、大衆にこの病気の危険性を警告し、H1N1ワクチン接種を勧めた。

この話を取材しているときに、彼女はこの話はWHOと国連が人々を脅してワクチン接種を受けさせようという目的のイカサマであることの証拠を見つけた。
彼女は自分が見つけた証拠をFBIに引き継いだ。

その結果、彼女は記者をクビになった。彼女を黙らせるためだった。
それがうまくいかなかったので、彼女はでっち上げの犯罪で告発された。さらに彼女を黙らせるためだった。かの情はオーストリアの裁判所でこの容疑で裁かれることになっている。
彼女は長期間の禁固刑とオーストリア市民としてのすべての権利を剥奪されるかも知れない。

元記事

ひどい話ですね。
元記事は、請願のフォームになっています。


posted by 狭依彦 at 22:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この方知っています。
YOU TUBEで見ました!
多くの方がみていると思います。
真実が勝利する事を信じるしか、またそれを願うしかありません。
Posted by くららん at 2010年08月11日 08:24
���������������������R(����)�m�������I�I�I�I�I

ここに変なコメントがありましたが、メールアドレスとホームページを消して、修正したら、文字が変わってしまいました。
とりあえず、残しておきます(狭依彦)
Posted by �E�b�E�b�E�}�E�}�i�����j at 2010年08月11日 10:18
元記事の請願に行くようにアドレスをはってください。
Posted by 朱鷺 at 2010年08月11日 10:30
上のコメントはかれらの警告か?
狭依彦さん逃げてー
なんてなーw
Posted by at 2010年08月11日 17:37
書き込みできない
Posted by at 2010年08月11日 17:39
ごめん出来てた!
Posted by at 2010年08月11日 17:40
変なコメントは私もびっくりしましたが、どうもメールアドレスなどから「気持ちいい--アー、アー」のやつみたいでした。

元記事の請願には元記事のリンクから行けるはずです。
Posted by 狭依彦 at 2010年08月11日 19:57
いやいや、請願のフォームが出ませんね。
昨日はフォームが出ていたのですが、今日は出ません。
いろいろ見ましたが、今のところ出てこないようです。

ゴールが1000となっているので、終わったのではないでしょうか。
Posted by 狭依彦 at 2010年08月11日 20:04
ともかく、彼女のメッセージを1人でも多くの人達が理解してくれて、そして彼女自身が無事であって欲しいですね・・・。
「忘れられること」は、色んな意味でほんとに恐いことだと思うので・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年08月12日 08:34
こういう報道をしないトコは糞だね。

冤罪は恐ろしいが、奴らは裁判所にまで手を回せる力を持ってるから、世界中の一人ひとりが協力して騒ぎを大きくするしかないね。
Posted by ぽんた at 2010年08月13日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。