2010年08月12日 Tweet It!

ピクト人

スコットランドの石に彫られた絵が学者を悩ませている

e811174934873.jpg

スコットランドでは学者たちが一連の彫られたシンボルをめぐるミステリーを解こうと一生懸命である。このシンボルはスコットランドができる前からそこにあったという。

言語学者はこのシンボルはピクト人と呼ばれる古代の人々によって石に彫られたという。ピクト人は4世紀から9世紀にかけて今のスコットランドに暮らしていた。
イギリスエセター大学の研究者たちは200以上のシンボルを調査して、これらのシンボルは画像というよりは「言葉」であると結論を出した。

WIKI(日本語)ピクト人(画像あり)

元記事

上部真ん中にあるシンボルは宇宙人でしょうか。また、ミステリー・サークルにあるようなシンボルもありますね。


posted by 狭依彦 at 21:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 古代・中世歴史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真ん中のは縄文の宇宙人のようなはにわに似てると思った。
シルエットだけだけど
とかげは登場しないのかしら
Posted by at 2010年08月13日 19:10
あれですね。遮光式土偶。私は、何度か上野まで拝みに行っています。

とかげは、それらしいのもあるのですが、ヘビはリンク先の一番上の写真とかにあります。リンク先の写真は何か「あやしい」のがありますよ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Picts
Posted by 狭依彦 at 2010年08月13日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。