2010年08月20日 Tweet It!

M. Star破損と水中ドローン

イスラエルが秘密沿海作戦をペルシャ湾で展開

中国と日本の情報部はペルシャ湾の出来事を詳細にモニターしている。これは両国が湾岸地方からの石油に依存しているためである。両国の情報部はイスラエル海軍の特殊部隊が最近湾岸地帯で海の事件を活発に起こしており、それらはイランのせいにされかねない。

中国と日本の情報部が精査しているイスラエルに関係していそうな事件は5件で、8月8日のバスラ沖での4隻の商船への「強盗」、7月28日のホルムズ海峡での日本のスーパータンカーM. Starの爆発などがある。

イスラエル海軍は先月旧式のU-209と新型のU-212ドルフィンクラスのディーゼル潜水艦をペルシャ湾に派遣した。2隻ともドイツから手に入れたものである。
この潜水艦にはShayetet 13海軍特殊部隊の兵士が沢山乗っているという。この特殊部隊員は海岸・沿岸のターゲットに対して破壊行為を行う訓練を受けている。

日本の情報部はM. Starの破損は水中遠隔操作ドローンによるものと考えている。このドローンはアメリカやイスラエルが中東で使っているリモコン無人航空機と似たものだという。

元記事

異議あり。もし、そんな証拠があったとしても、日本はそのようには考えないでしょう……

結構、世界の人々は日本がイスラエルのワンワンだとは知らなかったりして……

あと、イスラエルの潜水艦はUボートのようですね。


posted by 狭依彦 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック