2006年04月05日 Tweet It!

バイテク膀胱

自分の細胞を使って実験室で培養された膀胱を、その患者本人の体に移植するという手術が成功した。世界最初のことである。この偉業を成し遂げたのは、ノースカロライナのWinston-SalemにあるWake Forest医科大学のAnthony Atalaとその同僚である。「過去の足場に基づいての皮膚の移植は成功させた科学者があるが、今回はかなり複雑な臓器まで増殖させて移植した最初のケースである」とAtalaは語っている。


posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック