2010年10月01日 Tweet It!

女性の性的機能不全

女性の性的機能不全は「医薬品業界によって発明された」

女性のセックス機能不全は女性の3分の2がかかっているとされる。この障害は治療薬の国際的なマーケットを生み出すために医薬品業界が発明したものだという。

医薬品業界は女性版バイアグラを探して数百万ドルを投資しているが、現在のところ成功していない。
しかし、そうすることで、医薬品業界は自分たちが作り出した障害についていろいろ話を盛り上げることによって需要を掻き立てている。
これは、オーストラリアのニューキャッスル大学の講師Ray Moynihanの話である。

医療のオピニオン・リーダーと一緒に働いている企業の従業員は、この問題を広範な問題として描き、診療用機器を作り出すのに役立て、女性たちにセックス機能不全は医学の問題であるとのレッテルを付けるのに値するということを説得する目的でサーベイを行っている。
しかし女性のセックス問題は男性のそれよりずっと複雑であり、欲望欠如、性的興奮の欠如、オルガスムの欠如などいろいろあり、医薬品業界の狭い視点ではそれらをとらえきれていない。

WIKI英語

元記事

重要な障害だと思われますが、WIKIでも日本語のはないですね。
きっと日本では顧みられていないのでは?


posted by 狭依彦 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック