2010年10月12日 Tweet It!

10億年前の月面上の巨大宇宙船

月面上のエイリアンの宇宙船

この話はNASAを退職して現在アフリカに住んでいるというWilliam Rutledgeが出所だ。
彼は、NASAで特殊任務についていたという。
ルットレッジは、最近、自分が1970年代後半に就いていたNASAの業務について驚くべき事実を暴露している。
彼は少なくとも2回、NASAから月へ派遣されているという。これには、失敗に終わったアポロ19号と、ヴァンデンバーグ空軍基地から1976年8月に発射されたと主張しているアポロ20号が含まれている。
ルットレッジによるとこれらの派遣は、米ソ両政府の協力から生まれた「秘密合同宇宙ミッション」であったという。これらは公式のNASAの派遣のリストには載せられていない。しかし、正当な理由があり、それは真実なのだという。

これらの派遣の目的は、月の裏側のDelporte-Izsak地域にある巨大な物体を調査することであった。この物体は、アポロ15号の派遣によって発見され写真に収められているという。(写真最上段)

この物体は、巨大なエイリアンの宇宙船で、超古代、月に衝突したか、もしくは遺棄されたものであると考えられている。

ルットレッジは同行のソ連の宇宙飛行士(レクセイ・レオノフ)と一緒に月着陸船でエイリアンの宇宙船の近くに着陸して、構造物と2名のパイロットの遺体を発見し回収したという。
パイロットの1名は女性で、モナリザと名づけられ、遺体の保存状態は良好であったという。
残り1名は男性で、遺体の損傷がひどく、首だけが回収されたという。

この巨大な宇宙船は母艦だと思われ、非常に古く、少なくとも10億年前に、宇宙を旅したものであると推定されている。

当サイトの結論としては、ビデオや話はフェイクであろうが、アポロ15号の写真というのは明らかに本物であろうということだ。この物体については、普通の物体ではないようだ?一体全体何なんだろう?

元記事

ということで、アポロ15号の写真というもの、及び、この女性の写真が元記事サイトにあります。
女性の顔のくもの巣みないなものは、顔を保護する薄い膜だそうです。


posted by 狭依彦 at 23:35 | Comment(12) | TrackBack(0) | UFO・宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愈々、本年より異星人とのコンタクトが公に開始される見通し。素晴らしいですね。8000年も30000年も科学が原始的な地球に、超文明人と交友が始まるとは。凄いこと。地球の3倍の超巨大な宇宙船で土星にリングを構成する知的文明人の到来です。即、お会いものです。月旅行搭乗券の持ち主より。
Posted by 曾山 工 at 2012年05月04日 19:57
コメント重複していましたので1つ消しました。
「地球の3倍の超巨大な宇宙船で土星にリングを構成」のところが、意味が分かりにくいと思われます。
Posted by 狭依彦 at 2012年05月04日 21:37
超巨大宇宙船で土星のリングを構成する意味。即ち,リングの数が増えたり,減ったりしているとの事。船体の長さ1万キロから5万キロの物体から物質を噴出し、リングを構成しているとの事。目的は不明。余りにも凄すぎる。地球は幼稚そのもの。科学者や宇宙飛行士は何を研究されているのでしょうか。数万年も知能が遅れている。それが現実ですね。
Posted by 曾山 工 at 2012年05月07日 22:50
この説明なら認める、認めないはともかく、分かると思います。
Posted by 狭依彦 at 2012年05月08日 22:01
そういえば、アイクの「ムーンマトリックスF」の為清さんのコラムにこんな話がありました。

「視覚という錯覚に囚われているだけでは宇宙の本質は把握できないが、現代人の日常生活といえばさらにそれ以前の段階であり…(略)…それが長期計画により意図的にもたらされた状態だとすれば、爬虫類人は人類に地球に閉じこもっていてほしい、宇宙に関心を持ってほしくないのだろう。1960年代のアポロ計画から半世紀も経過し、さまざまな技術が発達しているというのにあまり宇宙の調査が進展していないことは実に不自然である。
例えば、よく話題になるスペースシャトルの国際宇宙ステーションの周回軌道は高度380q(東京と名古屋の距離に相当)に過ぎない。地球の衛星である月までの距離38万qと比べると、とても『宇宙』という言葉から連想されるような高度ではなく、完全に地球の枠内である。
古代から秘かに伝承された占星術や天文知識(宇宙と神体の連動など)を独占し、地球上の生命が広大な宇宙とつながることを阻止しようとする力が働いてるとしか思えない。それは冷酷な支配のためなのか、慈愛ゆえなのか・・・」
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年05月10日 12:06
古代からの占星術の話ですが、昨日縄文の本を読んでいて、大きな建物のなかった昔は、毎日日の出を見ることができて、毎日太陽の出る場所が変わっているのが分かった、とありました。
それで、特別な技術が必要ではなく、ストーンサークルなどを太陽の動きに対応したものにできた可能性が高いようです。
そんな時代だったから、占星術や天文知識は深いものだったのかなと思いました。
Posted by 狭依彦 at 2012年05月10日 22:10
最近、フィンランドとドイツとオーストラリアが合作して作ったという「アイアン・スカイ」というパロディ映画を見つけたのですが、これちょっと気になりました。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/movie/pc1e23b5295376b264c33c77c1a2b595a

おおまかなストーリーは、1945年、連合軍の猛攻撃にさらされアドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそかに月の裏側へと逃亡を図り秘密基地を建造していた。第2次世界大戦の終結から70年超にわたって独自の軍事テクノロジーを発展させ続け、虎視眈々(たんたん)と連合軍への復讐(ふくしゅう)の機会をうかがっていた彼らは、2018年ついに決行のときが到来したと判断。UFOの大編隊を組んで、地球侵略を開始するというカンジみたいです。
日本公開は今のところ9月に公開予定してるみたいです。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年05月31日 11:59
>第2次世界大戦の終結から70年超にわたって

この辺りが、パロディっぽいような気がします。
2018年の攻撃では、みんな、おじいちゃん?

それとも、家族を連れて、月まで逃げたのでしょうか?
それでも、3世代はたっていると思うので、攻撃の熱意は冷めているように思えますね。
Posted by 狭依彦 at 2012年05月31日 22:13
>3世代はたっていると思うので、攻撃の熱意は冷めているように思えますね。

僕もこの作品のストーリーの詳細まではわかりませんが、まさかヨセフ・メンゲレ達のような存在やMKウルトラのことはでてこないですよね^^;

いずれにしても、人それぞれかもしれませんが
確かに我々の「現世での」感覚や人生ってもしかしたらそんなものかもしれませんね。
そう言われてみると、支配者層というのは例えばフリッツ・スプリングマイヤー氏の伝えているところのイルミナティ13血流の1つのロスチャイルド家あたりは、どうしてああも何世代も我々を支配したがる者がああも生まれてくるものなのかとよく思います。
アイクあたりは一家にはそうじゃない者もごくまれにいるようなことを伝えていた記憶もありますが、でもロスチャイルド家あたりは少なくとも一般的に言われてるマイアー・アムシェル・ロートシルトあたりがはじまりだとしても最低でも200年以上。
スプリングマイヤー氏やアイクは確か支配者層の者は子供の頃から「モナーク・プログラミング・マインドコントロール」を受けていると伝えていた記憶もありますが、というこは
もしアイクの言うようにレプティリアンのようなご主人様がいて、そのレプ達に(月からか?地下からか?別次元からか?)支配者層はみな魂を奪われるように憑依された者達ならば、レプ説というのは否定できないものなのでしょうかね・・・。

例えば、霊界物語あたりでは何世代も続いてる支配者層のような存在はでてきますか?

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年06月01日 11:56
なかなか一言で言うのが難しいというか、自分でもうまくとらえらえられていないのですが、霊界物語では人間の起源はアダムとエバだけでは「ない」と思われるのですが、そのアダムとエバの子孫の血筋には邪神系統があるようです。

-----------------------------------
邪神の大きな定義は次のようなものです。

宇宙の創造、天地開闢と大神業に奉仕したまふ天界の正神は、至粋至純なる清鮮の水火を呼吸して、其の生命を永遠無窮に保持し、無限の力徳を発揮し給ふに反し、【濁りと汚れと曇りより発生したる邪神】は、常に混濁の空気を呼吸して其の生命を保持し、あらゆる醜悪なる行為をなして、日夜を楽しむの霊性を持つものなれば、邪神のある処必ず邪気充満し、黒雲漲りて森羅万象の発育に大害を与へ、主の神が修理固成の神業に極力反抗し妨害せむとするものなり。併しながら邪神自身としては、最も真正にして至当の所行と感じ居るが故に、極力其の悪業を改め、生成化育の善道に従はむとはせざるなり。

-----------------------------------
三種類の邪神
これらが、支配者層に憑依している。

(八頭八尾の大蛇)さうかうするうちに、露国のあたりに天地の邪気が凝りかたまつて悪霊が発生した。これがすなはち素盞嗚命の言向和された、かの醜い形の八頭八尾の大蛇の姿をしてゐたのである。この八頭八尾の大蛇の霊が霊を分けて、国々の国魂神および番頭神なる八王八頭の身魂を冒し、次第に神界を悪化させるやうに努力しながら現在にいたつたのである。

(金毛九尾白面)しかるに一方印度においては、極陰性の邪気が凝りかたまつて金毛九尾白面の悪狐が発生した。この霊はおのおのまた霊を分けて、国々の八王八頭の相手方の女の霊にのり憑つた。

(邪鬼)しかして、また一つの邪気が凝り固まつて鬼の姿をして発生したのは、猶太の土地であつた。この邪鬼は、すべての神界並びに現界の組織を打ち毀して、自分が盟主となつて、全世界を妖魅界にしやうと目論みてゐる。

しかしながら日本国は特殊なる神国であつて、この三種の悪神の侵害を免れ、地上に儼然として、万古不動に卓立してをることができた。

この悪霊の三つ巴のはたらきによつて、諸国の国魂の神の統制力はなくなり、地上の世界は憤怒と、憎悪と、嫉妬と、羨望と、争闘などの諸罪悪に充ち満ちて、つひに収拾すべからざる三界の紛乱状態を醸したのである。

-----------------------------------
アダム、エバの血統
天足(アダル)
胞場(エバ)

天地万有悉く  霊力体の三元を
もつて創造なし給ひ  蒼生や山川の
御霊を守りたまはむと  千々に心を砕きまし
海月の如く漂へる  陸地を造り固めつつ
神人和楽の天国を  地上に建設なしたまひ
教を開きたまふ折  天足彦や胞場姫の
醜の身魂になり出し  八岐大蛇や醜神の
曲の猛びに世の中は  日に夜に月に曇り果て
常世の暗となりにけり  荒ぶる神の訪なひは
五月蠅の如くわきみちて  山の尾上や河の瀬に
うらみ歎きの声ばかり  醜神達は時を得て
いとも尊き皇神を  世の艮に逐ひ下し
吾物顔に世の中を  乱し行くこそ憎らしし
音に名高き仙郷も  醜の曲霊の醜魂に
かき紊されて修羅道の  現出したるか浅ましや

----------------------------------------
神代の昔高天にて  天地の主と現れませる
大国常立大神は  宇宙万有造りなし
神の形の生宮を  最後に造りなさむとて
天足の彦や胞場姫の  珍の御子をば生みたまふ
かかる所へ天界の  海王星より現はれし
汝タクシャカ竜王は  神の御国を汚さむと
胞場の身魂に憑依して  神の教に背かしめ
蒼生草を悉く  罪の奴隷と汚したる
悪逆無道を矯めむとて  皇大神の勅もて
月照彦の大神は  汝を此処に封じまし
世の禍を除かれぬ  さはさりながらタクシャカの
霊の邪気が世に残り  八岐大蛇や醜狼
曲鬼数多現はれて  神の造りし御国をば
汚し曇らす果敢なさよ
Posted by 狭依彦 at 2012年06月03日 22:58
ありがとうございます(^^)/

個人的に、以前から「霊界物語」では悪霊などの根源を「悪」というより【邪】としているところが気になってました。
いわゆる2元論的な善と悪ではなく、「『正神から』濁りと汚れと曇りより発生した」あくまでも1元論的な世界なのか・・・?
思うんですが、これはあくまでも僕の考えですが
「霊界物語」とはちがった例えば神道系あたりは「自らの邪」(?)をすべて素戔嗚あたりに押しつけて無理矢理2元論的にしているイメージがあるんですが、
でも「霊界物語」の伝えているその「邪」の行っていることを
「最も真正にして至当の所行と感じ居る」「悪化させるやうに努力しながら」「汚し曇らす果敢なさよ」などと表現しているところが、とても意味深く感じます。


Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年06月04日 17:48
二元論ではありません。
一元論的な世界観であると思います。
例えば、大本では厳(イヅ)と瑞(ミヅ)という二元論的な対照(?)があるのですが、これは、元の神(ワンネス)の、2つの表れとなっています。
まあ、これをどう解釈するかによって、教団内にもいろいろな派閥(?)があるのでしょうが・・・・・・(教団のことは、私、よく分かりませんが)
Posted by 狭依彦 at 2012年06月04日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。