2010年10月19日 Tweet It!

米10代の半分が精神障害

伝染病?アメリカの10代の半分は「精神疾患の基準を満たしている」

アメリカの10代の若者の約半分が精神疾患の基準を満たしていて、4人に1人が気分障害、行動障害、不安症などの障害を持ち、日常生活が脅かされている。

アメリカ青少年心理アカデミーの雑誌に発表された研究では、13歳から19歳の男子の51パーセント、女子の49パーセントが、気分障害、行動障害、不安症や薬物依存症などの障害を持っているという。

元記事

精神疾患は伝染病ではないと思われるので、原因は環境でしょうか?

薬を飲ませるために、精神障害の定義が変えられて、多くの人が該当するようになってきているの可能性もありますね。
でも、ケム、水道水の中の薬物、食品添加物、(ワクチン)等々が影響していると考えても無理はないですね。ワクチンについては各自の自己責任で判断してください。

さて、日本ではどうでしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。