2010年10月20日 Tweet It!

クローンの子孫の肉販売OK

EUがクローン動物の子孫の肉やミルクを売ることを支持

クローン家畜の子どもの肉やミルクの販売がEUの委員会に支持されることになった。消費者の大きな反対があるにもかかわらずだ。
イギリスや欧州での調査によれば、一般大衆の非常に多くがクローン動物を育てることに反対している。

クローン動物に関するプロセスの倫理性、動物の福祉、食物の安全性に対する研究の欠如などがクローンについての懸念となっている。
しかし、今日EUのコミッショナーの団体で討論される報告書が漏らされたが、そこには、クローン動物の子孫を食べることについて好意的である。
そこでは、それらの食品については表示義務を課さないようで、消費者は自分が食べているものについて、全く無知の状態に置かれる

クローン動物の肉、ミルクを売ることは法律で禁止されているが、その子孫を食用にすることについては何の禁止措置もとられなさそうである。

イギリスでは国民の87パーセントがクローン動物を食用とした場合の長期における健康への影響について、ほとんど知られていないと考えている。
別の調査では、消費者はクローンについて勉強すればするほど、反対する人が多くなっているという。
国民の大部分がクローン動物起源の食品については表示があるべきだと考えている。

元記事

遺伝子組み換えに植物などついては、虫も寄らないような遺伝子を組み込むということで、ちょと危険そうに思えますが、クローンについてはよく分かりません。
しかし、クローンされた動物は胎内で死んだり、生まれてすぐに死んだりするケースが多いそうで、やはり、何かあると思えます。
私たちは、EUのように「安全性」を保証されるのか、それとも危険性を含んだ情報を提示されるのか、さあ、どちらでしょうか……


posted by 狭依彦 at 22:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さあ、これからの食料難を克服できるのは、クローンしか、ありません。日本ではやくいただきたいものです。ヒサノリ
Posted by 中川久幾 at 2010年10月25日 17:04
そう、自分だけ飽食しても、今もどこかで餓死している人が居るんです。
クローンと遺伝子組み換え食品でみんなに食料を!
Posted by ノボル at 2010年10月29日 21:41
なぜ、このページのコメントだけ必須入力と認証が必要になったのでしょうか?
私が故意にしているわけではないので、あしからず……
Posted by 狭依彦 at 2010年10月29日 23:24
元に戻っているようです。
Posted by 狭依彦 at 2010年10月30日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。