2010年11月04日 Tweet It!

連邦準備制度100年記念式典

連邦準備制度がアメリカ支配100周年を祝ってJekyll Islandで会議を開く

連邦準備制度は銀行家による銀行家のためのシステムだ。
今や、このシステムを動かしている官僚たちはお祝いをするためにJekyll Islandに戻ってきた。
11月の5日から6日に行われる会議の参加者は、連邦準備制度議長ベン・バーナンキ、元議長アラン・グリーンスパン、ゴールドマンサックスの代表取締役E・ジェラルド・コリガンと種々の地方連邦準備銀行の長たちである。

この会議のタイトルは「Jekyll Islandへの帰還:連邦準備制度の起源、歴史、そして未来」というものであり、開催される場所は1910年に最初の会議が行われた場所と全く同じ建物である。

jekyll.jpg

会議の議題を全部見ることができる。沢山のオードブルが出されるようであるが、米経済が文字通りバラバラに崩壊しているような時に、どうやって連邦準備制度が自分たちの業績を祝うのだろうか?

元記事

100年かけて、準備、実行してきた仕上げ式典ですかね?

ここ数年の勉強で、これらの人々は名前を聞くだけで、ムシズが走るようになりました。
ついでに、この建物も不気味ですね。

でもね、もし、日本のマスコミがとりあげるとしたら(取り上げるようにも思いますが)、きっと、素晴しい名士の集まりということになるのでしょうね……


posted by 狭依彦 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | NWO・秘密結社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。