2006年04月22日 Tweet It!

データベース監視国家

○○国は、データベース監視国家になってしまった。個人情報は企業の政府の間で取り交わされる流れの中にあり、国民の生活のすべての面が管理されている電子的監獄だ。

例えば、家や車、テレビを購入したり、税金を払おうとしたとき、国民は情報を提供する必要があり、これは電子的にデータベースに蓄積され、売り買いされていて、しばしば、一番高い入札価格を付けた者に提供される。

「権威ある人たち」がIDカードを義務化するのに国民の個人情報を要求しているが、○○国の人々はチンパンジーのように訓練されているので、「権威ある人たち」の思いのままに踊らされる。このIDカードにより、破壊分子を除去したり、体制に従わない者には、公共サービスを受けさせなかったり、旅行をさせないなどの処分が下されるだろう。

元記事

へへ・・・英国でした。
日本はそんなわけないですよね。「自由」と「民主主義」国家ですから。


posted by 狭依彦 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック