2010年11月10日 Tweet It!

バイオ燃料とCO2

バイオ燃料は諸刃の剣だ

デンマークのActionaid Denmark, Greenpeace and Noahという組織の最新の記事では、トウモロコシやヤシから作られるバイオ燃料は、従来の燃料に比べて2.5倍のCO2の排出があることが示唆されている。

「EUでのバイオ燃料の使用が拡がることに関連した間接的な土地使用の予測される変化」と題した記事では、増加する温室効果ガスは120万台〜260万台の車の増加と同等のもので、従来の化石燃料よりも81パーセントから167パーセント温室効果ガスの排出が増えることを意味するものだ。

元記事


直接の排気ガスということではなく、すべての間接的な排出も計算に入っています。

人が食べるものをバイオ燃料にするので、食べられない人もできてくることもありますね。


posted by 狭依彦 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック