2010年11月10日 Tweet It!

MJとマインド・コントロール

マイケル・ジャクソンの新アルバムのカバー:象徴主義がいっぱい

(画像は元記事にあります)

マイケル・ジャクソンが永遠の眠りについて後、私たちはいくつかの裏の意味を持ったマイケルへの「トリビュート」を見ている。
それらは、解読すると、実際、彼が儀式殺人に対する薄いベールがかぶされた言及が見られる。
マイケルの記憶は、私の粗末な意見では、彼を殺した者たちにハイジャックされている。
この事実は、彼の死後のリリースを見れば明らかになってくる。
彼の最新のアルバムのカバーは、また、特筆すべき証拠である。

(1) The Monarch Butterfly オオカバマダラ、マダラチョウ
モナーク・プログラム。トラウマを基盤としたマインドコントロールの一種。
しかし、マイケルは晩年はマインド・コントロールから醒めていて、産業の悪を指摘することさえしていた。この目ざめこそが彼の死の原因ではないか。

(2) The Moonwalker Robot ムーンワーカー・ロボット

(3) Black and White/ Day and Night Duality 黒と白 /昼と夜の二重性

※Blood on the Dancefloorのカバー

マイケル・ジャクソンは赤い(オカルト的には犠牲を意味する)服を着て、メーソン的なチェックボードパターンの上にいる。
“Blood on the Dancefloor”というタイトルはメーソン的な床の上のマイケルの血を意味する。儀式が行われた時代を意味する。

元記事(カバー画像あり)


posted by 狭依彦 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。