2010年11月16日 Tweet It!

南アの不法腎臓手術とイスラエル

南アフリカの不法腎臓取引がイスラエルと関係している

南アフリカ最大の医療商社であるNetcare社はイスラエルと関係のある臓器密売シンジケートを使って不法な腎臓移植手術を行ってきたという告発を受けていたが、それを認めた。

Netcareの社長Richard Friedlandに対する告発が取り下げられたのと引き換えに、同社は司法取引で「支払は腎臓のドナーになされたに違いない、そして、腎臓のドナーのうちあるものは腎臓が抜き取られた当時未成年であった」ことを認めた。

この訴訟はダーバンのSt. Augustine's Hospitalでの不法手術に関する7年間の捜査を受けてなされたもので、イスラエルと関係した臓器密売シンジケートと関係している。

報道によると、臓器は最初はイスラエルの国民から(2万米ドル)であったが、後に、貧乏なルーマニア人(6000ドル)やブラジル人(6000ドル)から低価格で提供を受けていたという。

※関係する報道では、イスラエルの医療センターで「スペア・パーツ」として使うために過去2年間にウクライナの子供たちが2万5千人イスラエルに連れてこられていたという問題が表面化した。
また、イスラエルの軍隊はパレスチナの囚人の臓器を盗んだとして非難されていた。※

告発の内容は2001年から2003年までの間に109の手術が南アフリカの病院で行われたということだ。

元記事

元記事はカナダのサイト。
※〜※の間のウクライナの子供たちの話については正確に訳したつもりですが、事実については未確認です。
インターネットで検索した限り、2009年にそのようなニュースはあったようです。


posted by 狭依彦 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック