2010年11月18日 Tweet It!

ビル・ゲイツ新生児登録を勧める

ビル・ゲイツはワクチンを受けさせるためにすべての世界中の新生児を登録させたい

ゲイツは2000人以上の聴衆を前にして、もし世界中の新生児をすべて携帯電話で登録できるようになるなら、子供たちが適切なワクチンを受けることを保証できるだろうと語った。
さらに、人口増加をコントロールする鍵は5歳以下の子供の命を救うことであり、今後の技術で大きなものはロボットであるという。

ゲイツは5歳までの死亡率は1960年が2000万人であったのに対して今は850万人であり、この改善は収入の増加もあるが、ワクチンの普及が大きいと語る。

5歳以下の子供の命を救うことで、親はより多くの子供を持とうとはしなくなる。これこそが、子供の命を救うことで人口増加を抑制するということだ。

元記事

なるほど、すばらしい。やはり、ビル・ゲイツさんは違うね。人類のことを本当に心配しているんだ。
みんな協力して、新生児を登録できるようにして、ワクチンを打ってもらおう……

本当かな?一見親切そうなものが実は怖いものだということはよくあるよ。愛想笑いの奥には……よ〜く、考えて……


posted by 狭依彦 at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワクチンは人体に有害で
人口削減のために毒を盛るものだともいわれている。
ゲイツは、有害なワクチンを広めて、子どもたちに害を与え、なおかつ新生児を登録するために一役買っているとも考えられる。
Posted by geini at 2010年11月26日 05:04
「ワクチンで人口調節」と言っているところが意味深ですよね!
Posted by 狭依彦 at 2010年11月26日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。