2010年11月27日 Tweet It!

中国米韓演習は挑発的

中国が米韓演習を挑発的だと言っている

中国は、このたび行われる予定の米韓演習は朝鮮半島の緊張を緩和することには役立たないと言い、同地域でのどのような挑発的行動にも反対する立場を表明した。

最近の南北朝鮮の砲撃の応酬を受けて、アメリカと韓国が黄海で合同海軍演習を準備していることに対して、中国の温家宝首相は「すべての関係者が最大の自制をする必要がある」と呼びかけた。

水曜日のロシアのメドヴェージェフ大統領会談で、温首相は次のように語った。「国際社会はこの状況での緊張を緩和するためにもっと努力しなければならない」
これは、木曜日のウォールストリート・ジャーナルの記事である。

北朝鮮は、この行動によって、両方の側で戦争の瀬戸際までいくだろうと言っている。

南北朝鮮の砲撃の応酬では、双方の国が小競り合いを始めたのは相手国であると非難しあっている。

韓国は北朝鮮軍が韓国の島を砲撃したので応酬したと言っている。
しかし、北朝鮮は韓国が最初に撃ったと言っている。

元記事

イランのニュース・ソースより。
先日もロン・ポールの記事でありましたが、この書き方だと、事前に韓国が演習で北朝鮮領土に砲撃したということではなく、今回の砲撃の応酬が韓国の砲撃で始まったというような書き方ですね。
たぶん、日本語のニュースではこれは知りえようもないでしょうが……


posted by 狭依彦 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック