2010年11月30日 Tweet It!

食糧危機

来るべき食糧危機を生き延びる

emptyshelves-mexico1.jpg

どんな社会であっても食糧の生産は最も基本的な関心事である。
直接入手可能で消費を緩和するのでなければ、また、農業生産物がコンスタントに流通するのでなかれば、今存在している国はすべて(最も原始的なものは除外されるだろうが)即座にインフラストラクチャが崩壊し、国民が激怒するようなパニックとなるだろう。
食糧計画に対して長期間依存することはおおくの米国民の多くが当然のことだとしているように見えるのは、私にはおかしなことに思えれる。

銃器や爆弾、キャンプ用品、虫除け袋、携行食、豆、そして米。これらは皆さんが生き延びるための最も簡単な部分である。
難しいのは食糧の備蓄ではないが、長期にわたって堅固で実際的な継続するための計画をたてることである。
これはどれだけ電力網が止まっていても、もしくは永久的に電力網が止まったとしても、自分自身の農業をサポートする能力からはじまる。

これらの戦略の多くを実施するための土地が充分にない人があることは間違いがない。
それでも、基本を知り、それを非難場所でまたはコンミュニティの中で適用する準備が出来ている者たちに機会が与えれらるだろう。

元記事

何か、意味のないような文章ですね。
食糧危機はそのうちやって来る(起こされる)と思いますね。


posted by 狭依彦 at 23:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か今日あたりに例の510法案の採決があるはずだと・・・
食料近代化法案(別名・自家菜園禁止法?)そうなると、家での野菜、果物の栽培が違法になりますので、この食糧危機を起こすのは簡単になります。

嫌な世の中です。
Posted by くららん at 2010年11月30日 23:47
そのような記事も、ヘッドラインにあったような気がします。
ほんとうに、嫌な世の中ですね。
Posted by 狭依彦 at 2010年12月01日 20:38
食料近代化法510法案。
可決された模様です(><)!

あとはオバマのサインを待つのみ。
アメリカの食物全てがモンサントのGMOになってしまう可能性が!!

アメリカ産農産物はもう食品として危険になってしまいます。
Posted by くららん at 2010年12月01日 22:58
農園や農業から地元の直売所などで販売してたりする家庭菜園にいたるまで、とにかく受け継がれる種の貯蔵を「犯罪」とし、モンサントなどの企業に完全に種子を独占させたいというところでしょうか?
受け継がれる種ではないターミネーター遺伝子の種などを独占的に使わせることの裏には、アイク的に言えば、金儲け以上に企んでいるアジェンダが隠されているのでしょうかね・・・?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2010年12月02日 16:54
昨日の7:30分から、若いOLがビルの屋上で個人農園やっている話をNHKでやっていました。パンツ見えそうだったのですが……
日本は平和なのでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2010年12月02日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック