2010年12月06日 Tweet It!

ワクチン拒否で少年逮捕

カナダの学校で12歳の少年がワクチンを拒否して逮捕される

先週、12歳の少年がトロントの東のBowmanvilleの学校で「脅迫的な行動」で逮捕された。
この逮捕劇は少年がB型肝炎のワクチンを拒否してダダをこねているときに起こった。少年の名前は法的理由で公表できない。

ナショナル・ポスト誌の報道では、少年が学校を壊すと脅したために、警察がRoss Tilleyパブリック・スクールに呼ばれたという。
残念なことに、この報道では少年がワクチンを拒否していた理由、もしくは、何が彼を起こらせたかが伝えられていない。

元記事

ワクチンを強制的に打たれようととして暴れ出したのではないようです。
「拒否している子供に、強制的にワクチンを打つか?」まだ、そのことが論争になるようなところで止まっているようです。
私の「カン」では、ワクチンを打たないと「いじめ」られるなどして社会生活が困るように誘導(教育)されるのではないでしょうか……


posted by 狭依彦 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。