2010年12月09日 Tweet It!

本人に知らされないチップ埋め込み

外科医が秘密裏に埋め込まれたチップを取り除いた

超効率的な電気分解システムと自己充電をするバッテリー回路(環境からエネルギーを取り入れる、たぶんゼロ・ポイントエネルギー)の発明家で尊敬されているボブ・ブルースが末期がんにかかっていて、発生点はボブの承諾を受けることなく本人が知らないうちに右肩に埋め込まれたベリ・チップのマイクロチップであることを報道した。

ボブはチップを取り除いてもらったが、他のチップがまだ残っていることが判明した。X線写真で確認されたところでは、もっと深いところに埋め込まれているという。
ボブはそのチップを1年間も埋め込まれていたことになるが、昨日ついにジョージア州ブルー・リッジのファニン地域病院で取り除いてもらった。

Verichip.jpg

病院のスタッフが、外科医によってチップが組織から取り除かれ標本箱に入れられ「異物」のシールを貼られる写真を撮っていた。
組織が青くなっているのは、ガン細胞をマークするために青色色素が注入されたためだ。

元記事

エネルギーと言い、チップといい、怪しそうな記事ですが、数パーセントは真実があるかも。


posted by 狭依彦 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。