2010年12月16日 Tweet It!

占星術は科学的

占星術の原理が科学的であると証明された:惑星の位置が哺乳類の生物時計に刻み込まれている

「占星術」という単語に言及すると、懐疑主義者はてんかんの発作を起こすことがある。
人の性格が生まれたときに太陽、月、惑星の位置に従って刻み込まれている可能性があるという考え方は、昔からいわゆる「科学」界から「いんちき療法」であると嘲りを受けてきた。科学界は個人と宇宙との間の相対的な繋がりに基づいた考えはどんなものでも反対してきたのだ。

旧来の考え方では、人間の遺伝子としつけが性格を決定し、誕生の際の地球の位置は性格とは何の関係もないのだ。

繰り返すが、一般の科学者は月の位置が地球上の生命と何か関係があるとは思っていない。
科学者は農民が長い間信じていた知恵、つまり、月の満ち欠けに調和させて谷を撒いたり植え付けをすれば、収穫が増すということは認めない。
人間の中にある種でさえも、月に大きな影響を受けている。それは、月経の周期と月の周期が密接にシンクロしているのと同様である。

元記事

数日前の記事です。
私もかなり占星学を勉強して、Astrogy32というフリーソフトを使っていますが、最近、あまり見ていないですね。

コソボでのイスラエルの臓器密売関係とか、ヨーロッパでの若者暴動とか、いろいろ記事がありますが、また、明日にします。


posted by 狭依彦 at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深いことです。占星術が科学的に証明された論文のタイトルを教えていただけないでしょうか?
Posted by at 2010年12月20日 16:08
元記事は軽い読み物なので、論文の名前は書いてないようです。

Vanderbilt大学の
Professor of Biological Sciences Douglas McMahonが
Nature Neuroscienceに発表した研究

となっています。
Posted by 狭依彦 at 2010年12月20日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。