2010年12月21日 Tweet It!

SSが以防衛軍の前身に資金援助

ナチスのSSが初期のイスラエル軍に財政援助

ナチスのゲッペルスがシオニストの「友情」を記念するために刻ませたメダル

nazionmetal.jpg

シオニストはナチスと協調関係にあったことは知っていたが、ナチスが実際にシオニストに資金援助していたことは知らなかった。
Christopher Simpsonは1988年に出した"Blowback"という本で、ナチスのSSとイスラエル防衛軍の前身であるHaganahの間に秘密協定があったことを文書で残しているSSの記録を手に入れたという。
SSは少なくとも一人のHaganahの司令官に資金援助をしていた。

「協定のもとで、Haganahはドイツ国内でユダヤ人の若者のための訓練キャンプを運営するのを認められている。これらの若者は、ナチスによってドイツから追い出された他のユダヤ人たちの一部と同様に、パレスチナに移住することを奨励されていた」

元記事

以前にも同じような記事があったかも知れません。


posted by 狭依彦 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック