2006年05月08日 Tweet It!

伯・核濃縮施設

アイク)ブラジルがウラニウム濃縮センターを披露(これは問題なし。だって、米国はブラジルを攻撃する意志は全然ないのだか。まあいいだろう)

 ブラジルはウラニウム濃縮センターを稼動させた。そこでは、南アメリカの各国の原子力発電所で使用する核燃料を製造する予定だ。イランは同様な燃料を製造しようとしているが、これに対してはそうさせないための国際的な圧力を受けている。ブラジルもイランと同じように核非拡散条約に署名しており、ブラジルの憲法では核エネルギーの軍事的目的での使用を禁じている。

元記事

 私達は、ブラジルを、日本に出稼ぎに来ている人たちから他民族が調和して暮らしている国のようなイメージを持っていると思う(私はそう)
 しかし、実際のブラジルは、(日本が目指しているような)完全に階級分化が行われている国で、ほとんどの国の富と権力は一握りの白人のものらしいですね・・・


posted by 狭依彦 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。