2005年02月02日 Tweet It!

ムタワの詩

見よ、王たちは殺され、ローマ教皇は地獄に落とされた。
大理石の床の上には殺された女王が横たわる。
星を支配する獣たちへの真っ青な生贄。

怒張したミサイルが発射され、対空砲火が吼えると、
空中分解した飛行機が落ちてくる。
長く尾を引く炎は花嫁のヴェールだ。

血にまみれた飛行機を、飛行機を狩りたてる戦車、
それは盗まれた王座の鉄の独裁者・・・
その長い砲身は唸りをあげて空を振るわせる。

アフリカの谷のあちこちで、コソボの白銀の平原で、
友も無く、誰にも知られることなく、名も無き兵士たちが死んでゆく。
種族全体が、飢饉、疫病、戦争の中で消えてゆく。あの種族も、この種族も。

貨幣は人間を縛り付けるために創られ、牢獄に投げ入れられた。
愛は死に、慈悲の心を誰も思い出せない。
名も無き町では、嘘が真実になり、真実は嘘におとしめられた。

愛が無いあちこちの街角で、
数え切れない子供達が飢え、虐待されている。
むき出しの力が支配する数多の家庭では、
女性達は青あざの奴隷だ。
愛とも、癒しとも、尊敬とも無縁、
やさしく思いやりのある言葉も聞いたことはない。

すべての邪悪、キリストの磔刑からもたらされる重い光線、
どの罪人の背に負わせるのか?
誰の背中が棘有る鞭を受けなければならないのか?

我々は嘘の機織人、嘘の酒造り人を知っている。
すべての罪と苦痛をもたらした奴等だから。
奴等は、どんな鎧も、どんな楯も防ぐことのできない夜の武器で、
人々を攻め立てる。
印刷された言葉こそが、彼らの毒を塗った剣だ。
生命をめちゃくちゃにされ、花咲かされ、収穫されたウモロコシ。

国々を殺す殺人者、アフリカの敵、
お前が何処へ行っても、どんな洞穴に隠れても、
掃き溜めに潜り込んでも、お前の足跡を呪ってやる。

おまえたち全てを呪う。天がおまえの目をつぶしますように!
おまえたちが神と呼ぶ悪魔、ジャブロンに伝えろ、
ノマブフヌの息子は面と向かってその親に逆らうと。
私は、いとしい母の墓前《ぼぜん》で誓う、
今この時から、おまえたちと、最後まで戦う。
おまえたちとも、おまえたちの仲間とも、おまえたちの主人たちともだ。

私は、光の剣を鞘に収めはしない。
おまえがやったことすべて、そしてまだやっていないことすべてに対して、
私の人生が終わる時まで戦おう!

クレド・ムタワ

http://www.davidicke.com/icke/articles/credo.shtml"When kings are slain, and a pope is sent to hell,
when on a marble slab..a murdered princess lies,
a pale sacrifice to the beasts that rule the stars,

When out of the sky a stricken warplane falls,
trailing behind it long bridal veils of flame,
as missiles rage and red hot cannon roar...

When the battle tank briefly rules the blood drenched plains,
an iron tyrant on another's stolen throne...
and it's long cannon shatters the trembling skies with sound,

When nameless soldiers die friendless and unknown,
in Africa's valleys or Kosovo's snow-bound plains,
and whole tribes perish of hunger, disease and war...

When money is built into a jail to hold humankind
and love has died and compassion is unknown...
and lies become truth... and truth becomes a lie in a nameless city

When, in streets who have no love,
numberless children know hunger and abuse...
In countless homes where brute force rules supreme,

women have become blood-spattered slaves,
strangers to love, healing and respect,
strangers to the gentle and comforting word...

Whose guilty shoulders must bear
the heavy beam of crucifixion, all the ill we see?
Whose quivering back must bear the barbed scourge?

For all the evil and all the pain we have known
Weavers of lies, brewers of lies,
who can strike at people with weapons of the night

against which no armour and no shield can prevail.
The written word is their poison-coated sword,
the tinkeling coin their cull and crop of maize...

Murderers of nations, Africa's deadliest foes,
I curse your footsteps wherever you may go,
In whichever cave or dungheap you may hide,

I curse you all...may Heaven blast your eyes.
Tell Jabulon, the demon you call God,
Nomabhunu's son defies him to his face,

I swear by the stones on my mother's sacred grave,
that as from this moment, I will fight you to the end.
Against your kind, against your Masters too,

I will not cease to raise the Sword of Light.
For all you have done and all you have yet to do,
I will fight you to the ending of my days....."

Credo Mutwa


posted by 狭依彦 at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレド・ムトーワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。