2011年01月12日 Tweet It!

サウジ・ブログ免許制

サウジ・アラビアが免許なしでブログを書くことを禁止する

言論の自由の組織がサウジアラビア政府による、すべてのオンライン新聞とブロガーを文化情報部への登録制にする決定を非難している。

新規則は来月導入されるが、それによると、すべてのオンライン・ライター−これはフォーラムやショート・メッセージも含むようであるが−は最長3年間有効の免許がいることになる。
サウジ政府によると、この決定は、社会を守るために計画されているだけであるという。また、政府は既にコンテンツを検閲しているという。
サウジ・アラビアはアラビア圏でもブロガーの数が最大級の国である。

免許の申請者は、サウジ・アラビア人、20歳以上、高校卒以上である。
また、加えて「悪いことをしないことを証明する書類」が必要であるという。
オンライン新聞の編集者は文化情報部の承認が必要となる。
免許なしでブログを書いている者が捕まると、最高約2万7千ドル相当の罰金を科せられ、さらにたぶん一生涯の禁止を言い渡されることとなる。

元記事

マスコミからは結構サウジなんかは「いい」イメージを持たされているのだけれど(?)、本当は、ティラニー(強権)の国なんですよね。
これは、中国の一人っ子と同じような実験ですね。「将来」のための。


posted by 狭依彦 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。