2011年02月01日 Tweet It!

エジプト抗議の真の理由

元ゴールドマン・サックスの取締役:エジプト、ギリシャ、チェニジア、英国の人々はみんな自分たちの経済の略奪に対して抗議をしている

元ゴールドマン・サックスの取締役で現在はロンドンのベア・スターンズの国際アナリストグループの長であるNomi Prins(写真)氏は、エジプトの人々が反抗しているのは何よりも巨大な国際銀行と自分たちの政府からの略奪に対してであると語っている。

女史はまた、ギリシャ、チェニジア、英国などの抗議者たちも、また、すべてが同様であると指摘している。
現在のエジプトのデモも同じで、メディアが焦点を当てようとしているように思われる政治イデオロギーよりも、経済状況の大幅な悪化、財政自由化が行われた数年間での厳しい結果などによるものであるという。

元記事

この女史、ゴールド万・サックスでも沢山のサラリーをもらっていたのでしょうね。
写真掲載しようかなと思いましたが、著作権が怖いので、アイクさんのサイトとからどうぞ……


posted by 狭依彦 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック