2011年02月11日 Tweet It!

googleとイスラエル

Google マインドコントロールと遺伝子支配のためのシオニストのエンジン

Googleはアメリカの公的企業であり、アメリカの年金計画から財政援助を受けている。
同社は株主に対して、効率的で競争力があり適切な方法でビジネスを行う義務を負っている。

それゆえ、次の疑問は解消されなければならない。
「テルアビブで5千万ドルの研究センターを設立して、イスラエルの社員に驚くほど高額な給与を支払っているが、何ゆえイスラエルなのか?例えばバングラディッシュにすればずっと安い経費になる。それが、効率的で競争力があり適切な方法に合致するんじゃないのだろうか?」

「この突然のイスラエルへの進出では、Googleは良い企業である(読者の世界への認識によるが)。IBM、 Sun Systems、 Microsoft、 Intel等々の会社もすべてが操業を開始する場所としてイスラエルを選んでいる。財政的には、これは合理的なことではないだろう。さらに、圧倒的なロシアからの移民で構成されている国で、平均IQが90であるような国イスラエルがこれらの超メジャー企業をひきつけるのはなぜなのだろう?」

元記事

太字のところ事実未確認です。
IQ90が高いのか低いのか?
ユダヤ人ならIQが高いという「思い込み」が私の中にはありますが……


posted by 狭依彦 at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、国ぐるみの信頼性、というところじゃないでしょうか。
たとえば、その他の発展途上国では、政変リスクがある。
また、身分が不安定であるが故の情報漏えいリスクがある。
イスラエルは、最初から国民国家を指向しているがために、国民国家ゆえの強さがあり、それが企業の一部重要機能を移転するに際しては有利に働くと、
ただし、これは政治的な善悪を全く考慮せず、純粋な企業的利益だけを考えた場合の答えですが。
Posted by ズ at 2011年07月26日 07:06
>イスラエルは、最初から国民国家を指向しているがために、国民国家ゆえの強さがあり、それが企業の一部重要機能を移転するに際しては有利に働く

確かに、経済的観点から考えるとそうだと思います。
たぶん、経済雑誌などにはそのような解答があるでしょう。

でも、イスラエルが世界でも「特別な国家」であると考える私の立場からすると、「何でほとんどのコンピュータ企業がそうなの」「もしかして、コンピュータの技術そのものがイスラエルが発祥では」と思ってしまいますね。
Posted by 狭依彦 at 2011年07月26日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。