2011年03月14日 Tweet It!

日本、火山の噴火

日本の火山が噴火して恐怖は続く

日本の南部の火山が日曜日、火を吐き灰を撒き散らした。これは日本の気象庁によるもので、巨大地震が致命的な津波を引き起こした2日後のことである。新燃岳が噴火し、灰白色の噴煙が火口上4000メートルまで達した。

元記事

地震と同じ頃、桜島が噴火し、さらにロシア、カムチャッカの火山が噴火したというニュースもありました。

桜島(ビデオ)

カムチャッカ


posted by 狭依彦 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック